作成者別アーカイブ: datsumoushi

女から男へ!オナベになるためのステップ

女から男へ!オナベになるためのステップ

最近では、女から男に変わりたいという人が多くなっています。こんな人は性同一性障害を抱えているとことが分かっています。性別適合手術を行う事が出来るようになっていますが、女から男に変わるためにはどんな方法があるのでしょうか。

女から男へ変わる手術の段階ですが、女性から男性への手術に対してはいくつかの段階に分けて行っていきます。最初に子宮卵巣摘出術、子宮、卵巣、卵管の摘出を行います。

その後に膣粘膜切除・膣閉鎖術ですが、膣の内壁を切除して膣を閉じていきます。それから尿道延長術を行って、膣前壁皮弁、大小陰唇、前庭部の皮膚などの組織を切り取り移植して尿道を作っていきます。のちの陰茎形成のために延長しておくのです。

その後、陰茎形成術を行っていきますが、3つの方法があります。腹部皮弁法は下腹部、ソケイ部などの皮弁を用いて陰茎形成する方法と、腹部皮弁法の下腹部、ソケイ部などの皮弁を用いて陰茎形成する方法があります。

他に、陰核陰茎形成術で長期間の男性ホルモン療法により肥大した陰核の腹側の索条物を外して、上方に翻転させてミニペニスを形成する方法があります。立体での排尿が可能となり、身体の他の部分に組織提供部を必要とせず傷を残さないので、手術を希望して選択する人が多くなっています。

マイクロサージャリー法で前腕皮弁または上腕部のデルトイド皮弁を切り取り、筒状に細工して陰茎に形状にして、マイクロサージャリーで陰核の部分に接続します。切り取られた前腕部には、臀部の表皮をはぎ取り前腕部組織の回復処置を行うのが、完全に元の状態には戻らないことが多いようです。

性交渉を望む場合には、陰茎形成時に内部にポケット状の空間を確保して、約一年後に特殊な折り曲げ可能なインプラントを挿入して完成していきます。

女性が男性へ変化するという仕組みについても今の時代では手術を行う事により可能となっていますが、何よりもしっかり考えるようにして、手術を検討する必要が出てきます。

脱毛する前に知っておきたい毛周期|成長期、退行期、休止期・・・

脱毛する前に知っておきたい毛周期|成長期、退行期、休止期・・・
実際に今の時代は、脱毛を考えている人も多いと思いますが、脱毛をする際には、毛周期についてきちんと理解しておく必要があります。今回は毛周期について詳しく紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。
毛は休止期、成長前期、成長後期、退行期の4段階で生え変わりを繰り返しています。施術前、同じようにシェービングしたのに、レーザーを照射するとすぐに抜けてしまう毛とそのまま伸びてしまう毛があり、それは、毛の段階が違うからなのです。
レーザーで照射する場合に効果を期待する事ができるのは、成長期にある毛だけです。レーザーは黒色に反応しますが、毛母細胞が活発な成長期の毛は黒色が濃く、レーザーが毛根までよく届くのですが、休止期や退行期の毛はメラニン色素が薄いので、レーザーに反応しません。
実際に、医療脱毛だけでなく、エステサロンのフラッシュ脱毛や光脱毛も叔父なのです。頭髪以外の毛の場合には、成長期の毛は全体の20%程度しかなく1回の施術で処理する割合ともなっているのです。
更に部分により、毛周期はバラバラなのです。最近では、ムダ毛処理を同時期に処理してツルツルの状態になりたいと考えている人が多くなっています。全身脱毛では、首から下は一切毛がない状態にしたいという人が多いのです。
実際に、脱毛を行い際には、施術サイクルは2ヶ月ごとに行うのがおすすめできます。体毛の濃さや固さにはホルモンバランスにより個人差があり、同じ部分でも毛根により毛の周期が違ってきます。
脱毛回数を重ねることにより、効果のあった毛は抜け落ちて、少しずつ毛周期の揃った毛だけが残るので、成長期の毛のサイクル自体が長くなることもあります。脱毛を行う場合には、毛抜きを使って脱毛するのはだめで、日焼けをした場合でも脱毛する事ができなくなってしまいます。
脱毛サロンやクリニックで脱毛を行ている人は、生えてきて毛は必ずシェーバーで処理を行うようにしましょう。
性毛と無性毛についてですが、性毛はワキやVIOなど思春期に生えてくる毛の事です。男性では胸毛や髭も性毛と言えます。特徴としては、固くて太い毛が密集していて、生える向きがバラバラで、毛周期が長い場合が多いと言えます。脱毛をする際には、完了まで1年以上かかる場合がほとんどとなっています。
無性毛ですが、髪の毛や眉毛、まつ毛、鼻の下や手足の毛などは、毛の流れている方向が同じで、脱毛の対象となる部位は比較的に毛周期が短いので脱毛効果も早く表れやすい場所です。
体毛にはホルモンが大きく関係していて、男性、女性にかかわらず男性ホルモンと女性ホルモンの両方の備えがあり、一生の中でバランスが変化します。男性ホルモンの中でもテストステロンの分泌が活発な場合には、体毛が濃くなる傾向にあると言われています。
特にストレスや食生活の乱れ、肥満によりムダ毛が濃くなる場合があるので男性ホルモンの分泌が活発になるからだと言われています。体毛が濃いという悩みを抱えている女性は、生活習慣の見直しを行うようにして、イソフラボンやプラセンタなど女性ホルモンの分泌を促すサプリメントなどを取り入れるのがおすすめできます。

中学2年生の時、「ゴリラ」と言われて落ち込みました。

中学2年生の時、「ゴリラ」と言われて落ち込みました。
私の中学2年生の時の体験ですが、ゴリラと言われて落ち込みました。学校にも行きたくないと感じることもあり、実際に毛が濃いのもコンプレックスに感じていて、いわれるのも仕方ないけど、今のように脱毛方法がたくさんあったわけでもありません。
今の時代は、中学生でも身だしなみとして脱毛をする子供は増えていますが、私の中学生の頃は脱毛などをする人はいない状態で、思春期の時に毛が濃いと周りから色々な目で見られてしまい、人と会うのも嫌な自分でした。
実際に、一番目立っていたのは、顔の毛で、体の毛も濃かったけど、体育などで体操服にならないと周りにみられることもなく、クラスの人は知っていても、他のクラスの人には見せる事もなかったので問題なかったのですが、中学1年から自分でも人と比べると毛が濃いと感じていました。
中学2年生になりさらに毛が濃くなり、クラスの子にゴリラと言われて、凄くショックを受けました。親に相談したこともありますが、その時代は、中学生から脱毛する人はいない状態たったので、我慢するしかありませんでした。
それから私にとって毛深いことがコンプレックスとなり、高校を卒業して、自分が働くようになり、脱毛しました。かなりの費用がかかりましたが、恋をすることもできず、ずっと彼氏もいないままで、好きな人はいても自分はだめだと思っていて、心の中だけで好きという気持ちはありましたが、自分に自信もなく自分の胸の中だけに秘めていました。
脱毛を行うと決めたことには、毛が濃いと感じている時よりも薄くなっていましたが、中学2年の時のゴリラと言われた言葉は忘れる事ができないような自分の中のコンプレックスとなり、苦い思いでだったので、脱毛をしました。
それから、自分に自信を持てるようになりました。こないだ同窓会がありましたが、一番変わってると言われて、中学2年の頃にゴリラと言った子にそんな風に言われるとは思ってもいなかったのですごくうれしかったです。
中学2年の時、私がゴリラと言われた相手は、私が好きだった人です。好きだったから余計に落ち込んでしまって、ずっと抱えていたと思います。
でも、一番変わった、素敵になったね。という言葉で救われて、脱毛した時に自分に自信を持つことが出来るようになりましたが、さらに自信を持てる自分に変われることが出来ました。
今は、中学1年生の娘がいますが、自分の経験した事で、娘にはきちんと処理をしてあげる事ができる自分がいるので、良かったとも感じますが、好きだった人にゴリラって言われた青春の思い出は、誰にも話す事ができず、胸の中の想いでとなっています。

除毛クリームかで毛の処理を始めたのでしたが・・・

除毛クリームかで毛の処理を始めたのでしたが・・・
除毛クリームかで毛の処理を始めたのでしたが、メリットやデメリットを知りたいと感じました。今回は、除毛クリームについて詳しく紹介していきたいと
思いますので参考にしてみてくださいね。
今の時代は、ムダ毛処理は女性だけでなく、男性も行うようになってきています。脱毛サロンに通う人も多くなっているのは事実ですが、自己処理で済ませている人もいます。ムダ毛処理の方法はたくさんありますが、簡単でコストパフォーマンスにも優れているアイテムとして除毛クリームが挙げられます。
ほとんどの脱毛クリームにはアルカリ性の薬剤が含まれていて、その成分が毛のタンパク質に作用して毛を溶かして除毛してしくようになっていますが、薬剤が肌に合わない場合には、肌荒れなどを引き起こしてしまう逆効果となってしまうこともありますので、使う前にきちんとパッチテストを行う必要があります。
脱毛クリームのメリットですが、毛穴の少し奥まで入り込んで毛を溶かす事ができるので、カミソリやシェーバーでの処理より美しい仕上がりになり、実際に使って触ると分かりますが、カミソリなどで処理した場合には、肌が少しザラッとしますが、脱毛クリームはそれがありません。
また、生えてくる際には、チクチク感がありますが、毛を溶かすので毛先が丸くなっている状態で生えてくるのでチクチクする事はありません。カミソリや毛抜きのように皮膚を傷つける恐れもなく、何度も使うことにより、徐々に毛が細くなり処理する間隔が長くなっていくという人も多いようです。
脱毛クリームのデメリットですが、実際に大きな問題としては、肌に合わないということが挙げられます。除毛クリームは、永久脱毛とは違うので定期的に処理を続ける必要があり、脱毛クリームは毛を溶かすのほどの成分で作られているので、肌に合わない場合にはたくさんのリスクが挙げられます。
かゆみや炎症はすぐに治まることが多いのですが、体調や肌の状態により、数時間続いてしまうこともあり、準備や片付けが面倒、ふき取りや洗い流しも面倒を感じている人も中には多いのです。
更にクリームには独特のニオイがあり、部屋も少し臭くなってしまい、デリケートゾーンや顔には使うことが出来ないものも多いので、きちんと確認してから購入する必要があります。
実際に、パッチテストを行って肌に影響が出ない場合に使って、次使った際には、炎症が起きたという人も中にはいますが、体調などの変化により、炎症を起こしてしまう可能性があると言えるのです。
何より、除毛クリームで脱毛を考える際には、自分の肌に合っているかどうかを確認して、きちんと正しい方法で使う必要があります。

期待はずれだった脱毛サロン。なかなか毛がなくならない・・・

期待はずれだった脱毛サロン。なかなか毛がなくならない・・・
脱毛サロンに通っても毛がなくならない理由についてですが、何よりも脱毛サロンは多くの方が通っていて、綺麗な脱毛ができると考えている人も多いと思います。今回は、期待していても効果を実感する事ができない理由について紹介します。
脱毛サロンで光脱毛を1回体験で試したけど、効果がないという感想が多いと言われています。毛は毛周期があり、施術を1度しただけでは毛のサイクルで休止期の毛には光が反応しないということで、毛が生えてくるのです。
一般的に光脱毛は、1ヶ月~3ヶ月に1度のペースで施術するのですが、毛周期に合ったペースで施術するのが最適となっています。毛周期のタイミングを逃がしてしまうことにより、施術を行っても思っているような効果を期待する事ができない場合も多く、計画的にスケジュールなどを立てるようにして、予約をとる時期などを考える必要があります。
他の部分は毛が減っているのに背中の産毛は全く減っていないという声も多いのですが、産毛の処理は黒に反応する光線を照射するのは難しいと言われており、効果が出にくいと言われているのです。
毛の質や量により個人差はありますが、脱毛サロンの施術は効果が出るまで毛により10日~2週間程度のタイムラグがあり、少しずつ毛が抜けていくようになっているので、実際に効果が分かりにくいと感じる事がありますが、1回~2回の施術で効果を実感する事ができる人もいれば、その倍回数を重ねても効果を実感できないという人がいます。
実際には、1~2回目では少しずつ毛が抜けているのがわかるのですが、見た目がはっきりと変わったと実感できず、3回~5回になると少し毛が薄くなり、毛が生えるスピードが遅くなってきたなどというような効果が現れてきます。
それ以上の回数を行うことにより、産毛程度が残っている状態となり、脱毛を完了する場合も多く、それ以上脱毛を行うことにより、ツルツルな状態で目に見えてはっきり効果を実感する事ができると言われており、通う回数が多ければ多いほど効果を実感する事ができると言えるのです。
施術を行うことにより、永久的に毛が生えてこないと思っている人も多いのですが、脱毛サロンでは、ムダ毛が生えてこない状態にはできますが、人間の体にはたくさんの毛穴が存在しているので、すべての毛根にダメージを与える事は難しく、脱毛を完了した場合でもうぶ毛が生えてくる人は多いのです。
よく耳にする永久脱毛という言葉は、多くの方が完全に毛が生えてこないという状態の事だと思っていますが、脱毛が完了して1ケ月後に毛の再生率が20%以下の場合は永久脱毛と言えるのです。
全く毛が生えてこないということを保証しているわけでもなく、ツルツルの状態にすることにより、永久脱毛と言えるので、長い間サロンに通い効果を実感できるまで続けることが大切になってきます。
よく体験やキャンペーンが行われていますが、1度で効果を実感できたという人は少なく、毛の質や量によっても脱毛にかかる期間は違ってきますので、そのことをきちんと理解したうえで通うかどうか決める必要があります。