脱毛する前に知っておきたい毛周期|成長期、退行期、休止期・・・

脱毛する前に知っておきたい毛周期|成長期、退行期、休止期・・・
実際に今の時代は、脱毛を考えている人も多いと思いますが、脱毛をする際には、毛周期についてきちんと理解しておく必要があります。今回は毛周期について詳しく紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。
毛は休止期、成長前期、成長後期、退行期の4段階で生え変わりを繰り返しています。施術前、同じようにシェービングしたのに、レーザーを照射するとすぐに抜けてしまう毛とそのまま伸びてしまう毛があり、それは、毛の段階が違うからなのです。
レーザーで照射する場合に効果を期待する事ができるのは、成長期にある毛だけです。レーザーは黒色に反応しますが、毛母細胞が活発な成長期の毛は黒色が濃く、レーザーが毛根までよく届くのですが、休止期や退行期の毛はメラニン色素が薄いので、レーザーに反応しません。
実際に、医療脱毛だけでなく、エステサロンのフラッシュ脱毛や光脱毛も叔父なのです。頭髪以外の毛の場合には、成長期の毛は全体の20%程度しかなく1回の施術で処理する割合ともなっているのです。
更に部分により、毛周期はバラバラなのです。最近では、ムダ毛処理を同時期に処理してツルツルの状態になりたいと考えている人が多くなっています。全身脱毛では、首から下は一切毛がない状態にしたいという人が多いのです。
実際に、脱毛を行い際には、施術サイクルは2ヶ月ごとに行うのがおすすめできます。体毛の濃さや固さにはホルモンバランスにより個人差があり、同じ部分でも毛根により毛の周期が違ってきます。
脱毛回数を重ねることにより、効果のあった毛は抜け落ちて、少しずつ毛周期の揃った毛だけが残るので、成長期の毛のサイクル自体が長くなることもあります。脱毛を行う場合には、毛抜きを使って脱毛するのはだめで、日焼けをした場合でも脱毛する事ができなくなってしまいます。
脱毛サロンやクリニックで脱毛を行ている人は、生えてきて毛は必ずシェーバーで処理を行うようにしましょう。
性毛と無性毛についてですが、性毛はワキやVIOなど思春期に生えてくる毛の事です。男性では胸毛や髭も性毛と言えます。特徴としては、固くて太い毛が密集していて、生える向きがバラバラで、毛周期が長い場合が多いと言えます。脱毛をする際には、完了まで1年以上かかる場合がほとんどとなっています。
無性毛ですが、髪の毛や眉毛、まつ毛、鼻の下や手足の毛などは、毛の流れている方向が同じで、脱毛の対象となる部位は比較的に毛周期が短いので脱毛効果も早く表れやすい場所です。
体毛にはホルモンが大きく関係していて、男性、女性にかかわらず男性ホルモンと女性ホルモンの両方の備えがあり、一生の中でバランスが変化します。男性ホルモンの中でもテストステロンの分泌が活発な場合には、体毛が濃くなる傾向にあると言われています。
特にストレスや食生活の乱れ、肥満によりムダ毛が濃くなる場合があるので男性ホルモンの分泌が活発になるからだと言われています。体毛が濃いという悩みを抱えている女性は、生活習慣の見直しを行うようにして、イソフラボンやプラセンタなど女性ホルモンの分泌を促すサプリメントなどを取り入れるのがおすすめできます。

コメントは受け付けていません。