中学2年生の時、「ゴリラ」と言われて落ち込みました。

中学2年生の時、「ゴリラ」と言われて落ち込みました。
私の中学2年生の時の体験ですが、ゴリラと言われて落ち込みました。学校にも行きたくないと感じることもあり、実際に毛が濃いのもコンプレックスに感じていて、いわれるのも仕方ないけど、今のように脱毛方法がたくさんあったわけでもありません。
今の時代は、中学生でも身だしなみとして脱毛をする子供は増えていますが、私の中学生の頃は脱毛などをする人はいない状態で、思春期の時に毛が濃いと周りから色々な目で見られてしまい、人と会うのも嫌な自分でした。
実際に、一番目立っていたのは、顔の毛で、体の毛も濃かったけど、体育などで体操服にならないと周りにみられることもなく、クラスの人は知っていても、他のクラスの人には見せる事もなかったので問題なかったのですが、中学1年から自分でも人と比べると毛が濃いと感じていました。
中学2年生になりさらに毛が濃くなり、クラスの子にゴリラと言われて、凄くショックを受けました。親に相談したこともありますが、その時代は、中学生から脱毛する人はいない状態たったので、我慢するしかありませんでした。
それから私にとって毛深いことがコンプレックスとなり、高校を卒業して、自分が働くようになり、脱毛しました。かなりの費用がかかりましたが、恋をすることもできず、ずっと彼氏もいないままで、好きな人はいても自分はだめだと思っていて、心の中だけで好きという気持ちはありましたが、自分に自信もなく自分の胸の中だけに秘めていました。
脱毛を行うと決めたことには、毛が濃いと感じている時よりも薄くなっていましたが、中学2年の時のゴリラと言われた言葉は忘れる事ができないような自分の中のコンプレックスとなり、苦い思いでだったので、脱毛をしました。
それから、自分に自信を持てるようになりました。こないだ同窓会がありましたが、一番変わってると言われて、中学2年の頃にゴリラと言った子にそんな風に言われるとは思ってもいなかったのですごくうれしかったです。
中学2年の時、私がゴリラと言われた相手は、私が好きだった人です。好きだったから余計に落ち込んでしまって、ずっと抱えていたと思います。
でも、一番変わった、素敵になったね。という言葉で救われて、脱毛した時に自分に自信を持つことが出来るようになりましたが、さらに自信を持てる自分に変われることが出来ました。
今は、中学1年生の娘がいますが、自分の経験した事で、娘にはきちんと処理をしてあげる事ができる自分がいるので、良かったとも感じますが、好きだった人にゴリラって言われた青春の思い出は、誰にも話す事ができず、胸の中の想いでとなっています。

コメントは受け付けていません。